昭和の象徴?平成だけども東京タワーへ

先日のことですが、今更ながら東京タワーに行ってきました。

高度経済成長の象徴とも言える東京タワー。

スカイツリーの半分ぐらいしかないテレビ塔ですが、スカイツリーとはまた違った良さがあると思ってます。

当時は一番高かったであろう、その塔はいつしか都心の高層ビルに囲まれてしまっているものの、赤いボディは日本を作ってきた人たちにとっての憧れだったのかなと物思いにふけってみました。

思ったほど混雑はしていなかったので、どっと疲れるようなことはなく、のんびりと見てまわることができたように思います。

行きませんでしたが、東京タワーのなかには大人気コミックのワンピースをモチーフにした施設もあり、集客を助けてくれるといいなとも思います。

きっと昔は東京観光といったら東京タワーだったのに、いまは名所がたくさんありますからね。

仕方のないことですが、何年かして東京タワーが取り壊されるとかってなったらいやだなとも思ってしまいます。

形あるものはいつか朽ちていくものですが、変わらずにそこにあってほしいもののような気がします。

なんとなく近隣に気になりお店もあったりしますし、あんまり東京タワー周辺の観光ってしたことないので巡ってみようと思います。参考:http://bustymakenightbraa.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です