デート中に、トンビの襲撃に遭遇されました

夫と、京都の賀茂川で、天気の良い日にランチデートしました。
ここまでよくある素敵な休日のヒトコマです。
しかしすぐに、「ん?」と、思う間もなく、黒い物体が私の横をかすめながら通り過ぎました。
しかも、イタイ!手に傷が~!ランチボックスの中身が荒らされ、しかも減ってます!
犯人は、トンビです。まさかの事態でした。
まさか、こんなところでトンビのことなんて心配・想定していなかったので、本当に驚きました。
一緒にいた夫には被害なしなのに・・・まぁ、トンビは賢い生き物ですから。

実は、私は漁港のある風景がしっくりくる、日本海側の小さな町で育ちました。
なので、トンビそのものは見慣れています。
一番ショックだったのは・・・・高校時代にテクテク帰宅していると、電信柱の近くを通ろうとしたその時、
ポトっ、と目の前に何か落ちてきました。すかざず確認すると鳩の羽(しかも根っこに血がついています)でした。
上を見ると、電信柱の一番てっぺんのところで、トンビが鳩を食べています!
弱肉強食!食物連鎖!まさにその言葉通りの状況が、頭上で行われていました。
他には・・中学時代にクラスの男子が給食のパンをちぎって窓から投げていると、器用にトンビが空中で拾っていくのです。
それも、一羽、二羽ではなく、気づけばギョっとするほどのトンビのグループが集まっていました。
悪乗りした男子たちがどんどんちぎって投げるのですが・・
しばらくすると男の先生の声で校内放送が「男子~、トンビに餌をあげるのをやめなさ~!」と流れてきて、その騒動は終わったのです。

そんな、いろんなことを思い出した、京都賀茂川ランチデートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です